40歳定年が浮上している

労働問題を語るときに現状の問題点の分析に対しどんな提言をしてもいまひとつ説得力に欠けるですが日本が国際競争力の低下を食い止めるには今や賃金の安い東南アジアに工場を進出させるのだけが能ではないと気づき始めたようです。

 

それは若者に雇用参加してもらいまだ使い切ってない女性の能力を使い高齢者の再利用を考えることだと言われているのですが、その理由というのは潜在的に持っている個々の力を十分に発露しきれていなのは勿体ないとい事なのです。

 

これらの人の力を活用するには全員参加をしりことと早めの退職を促し新陳代謝という人財戦略を打ち立てる必要があるという考え方か出た40歳定年制理論なのです。65歳定年制の話が出たばかりなのに、もう次の近未来の労働を考えた発想です。

 

もう少し具体的には話ますと・・・定年制を廃止し場合によっては40歳定年制や50歳定年制を採用することで何歳でもその適性に応じて雇用が確保されるという考えです。ですから健康状態さえ良ければ70歳を超えても活躍してもらうというやり方です。

 

このような雇用の在りかたは能力を活用した生産性を高めることに繋がりますので企業の競争力も向上します高齢者の働き甲斐を提供することにもなるのだそうです。どうやら40代という年齢は転職するにも最後のチャンスといえるのです。

 

会社で20年以上のキヤリアもありますので同業他社でも十分に使い者になる年齢です。経験を生かせば健康であれば40歳からの転職でもあと30年は働けるということになりますから40歳定年で更に40歳からの生涯現役宣言で70歳を過ぎても働ける社会がくることを真剣に考えている人達がいるということです。

 

この考え方の出所では勿論官僚が考え出す案なのですが40歳という年齢は実は・・・どこの企業でもこのまま欲しい40代・切りたい40代の重要な瀬戸際年齢なのだそうです。

 

勿論「切りたい40歳」に選ばれるようでは、転職など考えないほうが身の安全ですし我慢して今の会社で定年を向かえたほうが無難と言うことになります。未来理論(40歳定年制)でも生きて行けるとうな実力派のある人であれば40代での転職もギリギリ大丈夫というところでしょうか。

 



 
トップページ 40代の転職5ステップ オススメ転職サイト