企業が新たに求める40代の人材とはどういうものか


 企業が新たに求める40代の人材とはどういうものでしょうか。まっさきに思いつくのは、管理職としての能力です。約20年ちかく社会で働いてきた世代ですから、ある程度の役職もつき、後輩や部下の指導などを行っているのが一般的だからです。その経験を生かし、問題の調整や人材の育成など、中間管理職としてのスキルを身についていることが40代の必須条件ではないでしょうか。

 

 その加えて、業務で身に付けた豊富な専門知識と、それに付随する業界内外での幅広い人脈。これら3つの条件を満たす人材であれば、厳しいと言われる40代からの転職活動にも大いに期待が持てるのではないでしょうか。
転職市場では20代が花と言われています。上からの指示に忠実に従うだけの簡単な労働であれば20代の若い人材で事足ります。安く雇用でき、他企業の色に染まっていないぶん、20代が一番使いやすい世代だからです。40代が20代と同じようなスキルであれば、正社員として働くことは絶望的と言えます。

 

 30歳未満、35歳未満と転職するのも厳しくなっていきますが、40代であれば、上記したとおり、ある程度のスキルが必要になってくるようです。たとえば本人の療養や家族の介護などで一時的とは言え休職した場合、仕事の第一線を退いていた期間が長くなればなるほど、正社員として新たに職を探すことはかなり難しくなるようです。もしも40代で転職を考えるのであれば、現職を続けスキルを維持しながら求職活動をするのが賢明と言えるでしょう。



 
トップページ 40代の転職5ステップ オススメ転職サイト