40代会社員の希望年収は661万円


 全国の37〜49歳の正社員111人にアンケートを実施したところ、実際の平均年収は504万円でしたが希望年収は661万円という調査結果が出ました。これは自分の評価が低いと感じている正社員を対象に行われたアンケート調査で、実際にもらっている給料と希望年収の差額は平均で157万円でした。

 

 また給料だけでなく40代の会社員が自分のポストに対しても、不満を持っているのがこのアンケート調査でもよく分かります。現在のポストで最も多かったのは32%が平社員で、次に多かったのが主任の31%でした。しかし自分に見合うポストは28%の会社員が課長で、次に多かったのが主任の24%で部長以上のポストを希望した会社員も21%いました。
 以前に会社の人事担当者の経験があり現在は企業向けの研修で講師役を務める濱田秀彦氏は、40代の転職は未経験での転職は不可能で、さらに転職して給料を上げようとかほかへ行けばもっと評価されるはずという幻想を抱くのは危険だと警告を鳴らします。

 

 20代や30代であれば転職して給料を上げることやもっと評価されることもあるかもしれませんが、40代の会社員にはそんな幻想は持てないといいます。たしかに40代での転職は、多くの人が苦戦しているのが現実です。ただ単に現状に不満があるというだけで、転職するにはたしかに危険なことです。

 

 しかし40代でも転職サイトや転職エージェントには、管理職の求人が多く掲載されています。40代の求人需要がないわけではありません。むしろその逆で本当に能力がある人材を、どこの会社や企業でも求めています。自分にその能力があり今の会社では正しく評価されていないと思うのであれば、転職サイトや転職エージェントに登録してみては如何でしょうか。



 
トップページ 40代の転職5ステップ オススメ転職サイト