ヘッドハンティングで転職するための秘訣とは


 自分を高く評価してくれるところで働きたい。転職を考えている人であれば、誰もがそのようなことを思っているのではないでしょうか。近年、実力主義・能力主義が一般企業にもかなり浸透してきています。そのような状況の中、引き抜き、ヘッドハンティングが活発に行われている職種もあるようです。

 

 「必死に自分で案件を探して、面接などで売り込むよりも、ヘッドハンティングされれば楽だろうなぁ」このように思っている方も多いことでしょう。以下では、ヘッドハンターから話題にされるような人材となるコツをいくつか紹介していきます。

 

 まずは、今働いている社内での評判を高くすることが必要です。社内で噂にならないような人材が、社外のヘッドハンターの目に留まることはありません。人の評判・評価というものは、身近な人から広まっていくものです。

 

 社内での信頼・信用がない人は、社外の人にも信頼されません。「こんな会社いつかやめてやる!」内心でそう思うのは自由ですが、それが態度にも出てしまうと大きなマイナスとなってしまうわけです。社内評価を高めていくためには、「期待以上の仕事」をこなすことが一番です。80点求められていたのであれば、90点や100点を目指していくようにしましょう。

 

 次に、人脈を広げていくことが大切です。経営陣もしくは、人事部などと強いコネクションを持っている人の話題は、社外にも広がっていくものです。喫煙所内でのささいな会話などがきっかけになってハンティングされた、というようなケースもあるのです。



 
トップページ 40代の転職5ステップ オススメ転職サイト