40代の方が転職する際に求められる能力とは?


 40代になってきますと、会社の中でのポジションに明らかな差がついてきます。20代・30代の頃は、同期とそこまで大きな差は生まれないでしょう。しかし、40代前半くらいから徐々に昇進に差がついてきて、勝ち組と負け組がはっきりと分かれてきます。執行役員になる人もいれば、平社員に甘んじている人もいることでしょう。

 

 このような状況を覆すためには、転職にかけるしかない。そのように思う方も多いことでしょう。では、40代の方が転職で一発逆転を狙うためには、どのような点をアピールしていけばよいのでしょうか。

 

 中途採用では、応募してきた人の年齢に応じて、評価する点を変えています。20代と40代とでは、求める能力・スキルが異なってくるのです。20代など若い人であれば、意欲とやる気だけである程度カヴァーすることができます。しかし、40代になるとやる気だけでは、採用してもらうことができません。

 

 40代の転職者に求められているもの、それは「即戦力」になるようなノウハウ・スキルです。管理職としての経験がなかったとしても、20年前後働いてきているのですから、何か業績アップに直結するようなスキルを持っているはずです。

 

 新規の顧客を開拓するための方法でも良いでしょう、既存の顧客を逃がさないための方法でも良いでしょう。職場の雰囲気を変えて、全体のモチベーションをアップさせることができるような人心掌握術でもいいかもしれません。このように、何か具体的な能力を持っていることをアピールしていくことが大切です。



 
トップページ 40代の転職5ステップ オススメ転職サイト