リストラに備えることも大切

リストラに備えることも大切

2012年は、大手電機メーカーのリストラが盛んに行われた年でもあります。もはや大手だからといって、安心できる時代は終焉を迎えたのです。リストラは50代を対象としたものが多かったのですが、最近は40代・50代を対象としたものが目だってきました。40代と言えば結婚し子供もいて、家のローンの支払いや子供の学費にお金がかかる時期でもあることでしょう。こうした中、リストラの対象にされるのは、なんとしても避けない内容です。

 

リストラの方法としては、全く別の部署に移動させられるというケースも多々みられます。あくまで「本人の意向でやめた」というスタンスを企業側は求めているのです。本人だって内心はやめたい気持ちでいっぱいです。しかし家族を養うことを考えると、仕事を辞めるわけにはいかないのが現状です。

 

リストラ対象者で、転職に成功した例はごくわずかです。中には退職金を元に企業する人もいますが、1年以内に閉鎖するケースが5割にものぼっています。退職金はそれなりの額ではありますが、生活にかかるお金と考えると、微々たる額でしかないのが現状です。会社に嫌気がさし転職や企業を試みる人もいますが、大企業のステータスや給与・待遇など失い者も多く、また会社に残っても、次なるリストラ策にまわされるケースも多くみられます。

 

ホームレスになった人までおり、40代のリストラは深刻な問題です。万が一のことを考え、転職に少しでも有利な資格を取得するなど、なんらかの防御策をはっておくのがベターでしょう。

 

参考
http://news.livedoor.com/article/detail/7204618/



 
トップページ 40代の転職5ステップ オススメ転職サイト