リストラ面談の内容とは?

リストラ面談の内容とは?

しんぶん赤旗では、NECのリストラ面談について掲載しました。その記事の内容は生々しい面談内容となっています。みなさんは下記を聞いてどう感じるでしょうか?
人事「辞めろとは言っていない。特別転進だ」
社員「いえ、このままこの会社で頑張ろうと思います」

 

 まず特別転進とはいったなんなのでしょうか?
 特別転進とは従業員のさまざまなライフプランに応じて 、転職や独立を支援する制度のことを言います。これはもともと65歳までの雇用を継続できない企業が、従業員の就職先斡旋のために築きあげた制度でした。

 

 しかしNECでは、公にこういった発言をしています。リストラの対象は主に40代であり、この言葉には一体どんな意味が隠されているのでしょうか?
人事「つべこべ言わずにとっとと辞めろ」
社員「定年までしがみついてやる」

 

 なんとも無常なやりとりであることがわかります。
 リストラしたい人事と、定年までしがみつきたい社員。これではどこまで行っても、平行線になるのは目に見えています。

 

 NECと言えば待遇面でも恵まれており、また有名大卒者の採用が非常に多くみられます。普通の人からみたら、憧れの企業でした。NECにいれば、一生安泰と思っていた人も多いことと思います。それがこの事態・・・、一体なぜこんなことになってしまったのでしょうか?

 

 NECについて、特に苦労せず生涯働くと思っていた40代は、スキルアップをしているのがごく一部の人のみです。全く考えもしなかった転職を迫られたものの、今の状況よりはるかに条件が悪化するのは目に見えています。大企業でもいつ何が起きるかわからない時代です。若いうちからスキルアップにはげみ、40代になっても転職がきく人材であってほしいものです。

 

参考
http://news.livedoor.com/article/detail/7051724/



 
トップページ 40代の転職5ステップ オススメ転職サイト