40代転職には+αが必要になる

40代転職には+αが必要になる

今や業務でパソコンは欠かせない存在となりました。もはやパソコンがなくては、仕事ができないといった職場がほとんどではないでしょうか?

 

パソコンの導入により、今まで手作業で行っていた作業が大幅に短縮され、スタッフの数もいぜんに比べて少なくて済むようになり、人経費の面から高い効率性をあげています。パソコンを使った業務が欠かせない中、IT関係のいわゆるWebスキルについても注目されています。そのため、「Webの技術は業種を問わない基本スキル」とも言われています。

 

基本スキルということは、もちろんあって当たり前のスキルということになります。大手企業でも大幅リストラが敢行されており、40代で転職を余儀なくされる人が非常に目立っています。40代のみなさんは、万が一に備え、何らかしらのスキルアップを図っているでしょうか?

 

2007年に起きたリーマンショックは、みなさんも記憶に新しいかと思います。金融業界はこの影響でさらに厳しい状況へと追い込まれることとなりました。当然ながら転職も難しく、英語を話すことができ、MBAも持っていて高年収の40代後半〜50代ほど転職が厳しいという結果が出されました。

 

リーマンショック前は、求人が多いとはいえませんがここまで厳しくなかったといえます。40代の転職市場は非常に狭き門です。スキルアップしている人材でも、転職はかなり厳しいといえるでしょう。

 

しかしながら、スキルアップしていない人材はさらに厳しい展開が待ち受けているのです。40代といえば、子どももある程度成長し、自分の時間も持てる世代でもあるでしょう。万が一のための転職に備えて、スキルアップをすすめたいところですね。



 
トップページ 40代の転職5ステップ オススメ転職サイト