40代でリストラ…正社員雇用はしてもらえるか?

 

リストラされた42歳男性(大卒・経理担当)です。転職活動をすれば、正社員雇用はしてもらえるでしょうか?


 リストラは人件費が高い40代〜50代に集中しています。40代となるとみなさんもご存知のとおり、転職が難しい世代となります。転職者向けの求人は20代〜30代前半に多くみられ、35歳以降からは急激に数が減ってしまうのが一般的です。

 

 35歳以上のからの求人はアルバイトや派遣が多くみられ、正社員の求人となると管理職やマネージャー向けの求人となります。当然ながら管理職やマネージャー経験がある人か、あるいはそれに該当するスキルを持っている人でなければ採用されません。

 

 経理担当となれば、経理事務で採用したいと考えているところに絞って受けてみてはどうでしょうか?事務職の中でも幸い経理はどこの会社でも不可欠といって過言ではない存在であり、知識がある人をほしがっているところが多くみられます。特に工業簿記が出来る人や国税対策の経理経験がある人などは、重宝される傾向にあります。

 

 また新規に会社を立ち上げるために、そうした人材がほしいと考えているところも少なくありません。福祉施設などは積極的に建設されていますがそうした場でも経理は欠かせないですし、飲食業界やサービス業界でも経理を募集しているところは多くみらます。

 

 空白が空けば空くほど正社員雇用は不利になりますし、質問者の方が42歳とのことで1日でも早い就職活動が望ましいです。また職安の相談員にも積極的に相談してみることをお勧めします。再就職に有利な講座を紹介してくれたり、就職斡旋を行ってくれます。

 

 40代の転職は厳しいのが前提ですが、頑張っていれば必ずや道は開けてくるはずです。前向きに頑張ってくださいね。



 
トップページ 40代の転職5ステップ オススメ転職サイト