40代からでも未経験職へ転職は可能?


 日本においては長らく、就職の際に「新卒」というカードが非常に強力、それに次いで「若さ」が非常に有利に働くとされていました。確かに、現在においても就職・転職の求人情報をチェックすると20代〜30代前半を対象とした案件が非常に多く、40代以上の求人数は少ないというのが実状です。

 

 では40代以上、しかも未経験の職種への転職が不可能、もしくは非常に厳しいかというとそうでもない、というのが今の日本の現状です。日本は長らく先の見えない不況の中にある状態です。そのため企業側も、若さあふれる人材を採用し、社会通念や業務を教育し、経験や実績を積ませるといった余裕がほとんどありません。

 

 その点、40代の人材は社会経験が豊富で仕事の実績もあり、仕事を元とした人脈を豊富に持っているというケースが少なくありません。教育の必要がほとんどなく、社会通念もあるというだけで、40代の人材を好ましく考える企業や会社も多いはずです。

 

 特に、人生の積み重ねで培われたコミュニケーション能力や人脈、ある程度の年齢の方しか持ちえない貫禄などの備わった40代の方の場合は、例え経験がなくとも、他分野での実績や経験が買われ、営業職や管理職で採用される可能性が高いのではないでしょうか?

 

 現在の日本の就職・転職においては、年齢よりも実績や人間的魅力などが重要視されています。40代で未経験の職種に転職することも、決して不可能ではないと言えるでしょう。



 
トップページ 40代の転職5ステップ オススメ転職サイト