転職は回数が多いと不利ですか?

 

転職は回数が多いと不利ですか?未経験業種の転職は上限何歳くらいまでですか?



 転職回数1、2回くらいなら問題ないのですが、3回、4回と増えていくたび不利だと思います。感覚的に言って20代後半で3回も転職している人は多いと感じますし、30代であれば3〜4回くらいからは多いと思います。

 

 日本の転職回数は平均で0.87回とアジア諸国の中では少ないそうで、一度転職しているだけでも平均値より多いことになります。企業としてはせっかく採用したのにすぐに辞められては困るので、どの企業でも面接時に「なぜ転職したのか?」は確実に質問されると思います。

 

 また、1か所に在籍していた期間が1年未満でころころ転職しているのであれば、確実に大きなマイナスポイントとなると思います。派遣社員として期限が切れたために、派遣先が変更になっただけで職種は同じものであれば面接官によっては納得するかもしれませんが。

 

 転職市場では、7年間同じ会社で働いて29歳で始めての転職という人もいます。20代後半で3回も転職している人と比べたら、7年間同じ会社に勤めていた人の方が安定感がりますから、そちらが採用される確立が高いでしょう。

 

 未経験業種へ転職できる年齢ですが、業界によってまちまちです。介護業界なら60歳でも転職可能ですから。一般的には、経験者の転職でも35歳が限界だと言われているので、未経験者の場合は30歳前には難しくなりそうです。未経験者歓迎・年齢不問の求人はグラック企業の可能性もありますから、あまりお勧めできません。健闘を祈ります。



 
トップページ 40代の転職5ステップ オススメ転職サイト