40代からの異業種転職は難しい?


 40代で転職する場合には、これまで経験がある同業界や同業種で仕事を探す方が転職しやすいでしょう。一方、40代でこれまでやったことがない未経験業界や、業種に転職することは不可能に近く、役職なしで一兵卒として働くなど年収も新卒程度で不可能に近いでしょう。

 

 しかし異業界でも同業種やこれまでの経験が活かせる職種では、業界の仕事のやり方は異なりますが転職できる可能性があります。
人生の折り返し地点の中にいる40代の転職では、仕事をしていくための時間と体力に限りがあるため、できるため効率的な転職活動をする必要があります。

 

 転職活動では自分のコネや人脈を利用するだけではなく、他者の視点を加えた転職活動をすると良いでしょう。そのためには、人材紹介会社を利用します。人材紹介会社を利用するメリットには、キャリアの棚卸や整理を客観的に見てもらえるだけではなく、自分が見逃していたアピールポイントの洗い出しができるので、職務経歴書を作成する場合など、より有効的なアピールができます。

 

 さらに、市場での現給与が適正かどうか、転職後に年収アップができるのか否か、応募する企業の社風や採用したい人材像と募集背景など、求人と業界の多くの情報を握っています。

 

 また、キャリアコンサルタントに自分のキャリアの市場価値を判断してもらい、採用見込みのある企業の見通しができるため応募の無駄が省けます。
 場合によってはキャリアチェンジできるチャンスもあり、新たな分野で活躍する可能性があるかもしれません。

 



 
トップページ 40代の転職5ステップ オススメ転職サイト