何度か転職の面接で失敗しているのですが、大きな原因はどこにあると思いますか?


まず、転職の際の面接での失敗の回数ですが、二度や三度の失敗は誰にでも起こり得ることですので、あまり気にしたり落ち込んだりする必要はありません。それよりも、貴方が仰るように落ちた原因がどこにあったのかを必ず検証することが必要です。

 

 多くの方が主に考えられる原因について、下記にいくつかピックアップしてみましたので、心当たりが無いか参考になさってみてください。

 

  • 礼儀作法やマナーや言葉遣いで損をしている点や反省点はありませんでしたか?
  • 面接官への受け答えはきちんと噛み合っていましたか?
  • 転職の志望動機では貴方のやりたい事や出来る事などを具体的に伝えることができましたか?また、その求人に対して、レジュメ上や面接時の志望動機に大きなズレが有ったりしませんでしたか?
  • 志望動機は前向きでしたか?例えば前職場の不満をぶつける様な後ろ向きな志望動機ではありませんでしたか?
  • 自分の強みや、やる気をしっかりとアピールすることができましたか?
  • 緊張のあまりに、暗い表情や受け答えで、貴方のやる気さえも見えなくなってしまった様な事はありませんか?

 

 まだまだ他にも転職の面接に失敗する原因は考えられますが、ほぼ上記の様な内容で損をしている事が多いです。ですので、ひとつひとつ潰しながら次の面接に挑むと良いですね。

 

 それから例え何度か面接に落ちたとしても、次の成功に結びつける第一歩と受け止めて積極的に、且つチャレンジ精神を失わずに転職活動を進めて行く事が大事なポイントです。



 
トップページ 40代の転職5ステップ オススメ転職サイト