転職に有利な日商簿記検定という資格


 日商簿記検定は商工会議所によって実施されている全国的に有名な検定試験であり、他の多くの資格と比較しても転職に有利な場面が少なくありません。というのも、簿記に関する検定試験としては我が国で最高のものであり、経理事務と深いかかわりのあるものだからです。ですので、少数の事務職員で殆どの業務をこなす中小零細企業は勿論のこと、大企業の経理部門への転職に際しても取っておきたい資格です。

 

 日商簿記検定試験には、大学レベルの1級から入門レベルの4級までの4段階があります。一般的に3級程度なら多少勉強すれば合格も難しくないようですが、商業簿記に加え工業簿記も範疇となる2級になると、ある程度はじっくりと取り組む必要がありそうです。商業高校卒業生や短大卒業生で経理事務に就いている人が2級合格者というケースも良く見られます。

 

 ところで、日商簿記検定の何級に合格していれば転職に有利な資格といえるかですが、先述したように企業経理の実務レベルでは2級合格者が当たり前に存在しているのが現状です。従って、3級では絶対駄目というわけではありませんが、資格云々といえるのは2級以上でしょう。

 

 1級合格者になれば税理士や公認会計士の資格にチャレンジするレベルですから、転職に有利となる可能性は相当大きいでしょう。尤も、それらの資格を目指すのであれば業務に専念してもらいたい企業とのマッチングの問題が出てきます。
 日商簿記検定は、各地の商工会議所で年に3回行われているので受験し易いです。但し、1級は年に2回だけ実施されています。



 
トップページ 40代の転職5ステップ オススメ転職サイト