40代の転職にはITパスポートを

 ITパスポート試験は、情報処理系の資格です。40代になるまでコンピューターを扱ったことないという方は、パソコンが使えないという理由でなかなか転職を成功させることができない傾向にあるようです。今の時代、ITに関するある程度の知識は身に着けておかねばなりません。ITパスポートの勉強をすると、情報処理に関する基礎的な知識を総合的に身に着けることができます。

 

 中高年なのに、IT系の知識も持っている。これは転職活動において、かなりのアドバンテージとなります。一般的には就職・転職には役立たないと言われているITパスポートですが、40代が取得するとかなりの武器となる可能性を秘めているのです。

 

 ITパスポートは、プログラムなどの専門知識だけではなく、情報戦略・管理など幅広い知識を問う試験です。技術系の知識だけではないので、社会経験を積んでいる40代の方は、比較的合格しやすいと言われています。まずはだまされたと思って、過去問をいきなり解いてみましょう。まったく知らない知識もある一方で、ある程度解ける問題もある、ということが分かるはずです。ITと言われるとハードルが高いように思うかもしれませんが、実際にはそうではないわけです。

 

 学習の際には、これまでの経験で得てきたキャリアとIT系の知識を関連付けするのを意識していくようにしましょう。中高年のノウハウがIT系知識と結びつけば、企業にとってかなりの戦力となります。



 
トップページ 40代の転職5ステップ オススメ転職サイト