中小企業診断士のススメ

 40代で転職を考えている方は、中小企業診断士の資格取得を目指した勉強をするといいでしょう。中小企業診断士とは、中小企業向けの経営コンサルタントのような業務を行う職業です。

 

 中小企業診断士になるためには、1次試験・2次試験を突破し、さらに研修に参加しなければなりません。合格のために必要となるテキスト・問題集などは非常に膨大で、かなりの難関資格に位置付けられます。取得するのは、決して簡単ではありません。

 

 しかし、その分取得した際のメリットも非常に大きいのが特徴です。コンサルとして雇ってもらうこともできるでしょうし、普通の企業で普通の仕事に就きたいという場合にも、かなり採用してもらいやすくなるでしょう。中小企業診断士試験を突破するためには、経営などに関する様々な知識を学ばなければなりません。これらの知識は、企業運営のために非常に役立つものです。管理職であれば、是非とも身に着けておきたいものだとすら言われています。中小企業診断士資格さえ持っていれば、大手企業への転職も夢ではありません。

 

 良い転職先が見つからなかった場合であっても、独立開業して仕事をすることもできます。中小企業診断士として、本を書いたり、テレビに出てコメンテーターをやっていたりする人も大勢いらっしゃいますよね。経済に関する専門家のような立場で、企業に対するアドバイスをしていくことも可能となります。肩書きとしても、非常に強いものだということです。



 
トップページ 40代の転職5ステップ オススメ転職サイト