通関士資格は中高年の転職に役立つか?


 転職を考えている40代の方などは、どうにかしてキャリアアップをはかれないか、と考えているのではないでしょうか。中高年の転職事情が悪化している中、他の人にはないような資格を取得することが非常に大切となってきています。

 

 簿記検定やFP試験など、比較的簡単に取得することができる資格が人気となっていますが、そのような資格だけではハクをつけることはできません。その資格だけでも食べていけるような、力のある国家資格を取得することが必要です。

 

 一つおススメしたい資格、それが通関士資格です。通関士は、貿易に関する様々な手続に携わるプロフェッショナルです。士業の一つではありますが、基本的に独立開業することはできません。ただ、通関業者は、必ず社内に通関士を置かなければなりません。業界の中では、ニーズが非常に高い資格なのです。日本が貿易大国であり続ける限り、需要がなくなることはない安定した職と言えるでしょう。

 

 これまで貿易に関する仕事に携わってきた方でしたら、一番難しいと言われる「通関書類作成・通関手続きの実務」を科目免除してもらうことができます。通関業法と関税法等だけの受験で済みますから、非常にスムーズに取得することができることでしょう。

 

 全く違う畑から取得を目指す場合には、それなりの勉強時間を確保する必要があります。効率良く勉強した場合であっても、だいたい500時間程度は勉強するようにしたいものです。過去問をマスターすることから始めましょう。



 
トップページ 40代の転職5ステップ オススメ転職サイト