住空間をデザインする「インテリアコーディネーター」


 インテリアコーディネーターとは、暮らしやすい空間や室内を考案デザインするスペシャリストです。インテリア関連の幅広い商品知識とセンスを駆使して、家具や住宅設備などの選定のアドバイスをします。

 

 このインテリアコーディネーターの知識を問う試験に、(社)インテリア産業協会が実施する民間資格『インテリアコーディネーター資格試験』があります。 2012年度には9,789人が受験しました。

 

 インテリアコーディネーターはとても人気があるお仕事ですが、資格を取ったからと言って40代の未経験者が転職できるほど甘くはありません。しかしインテリアコーディネーターは知識に加え、美的センスと営業センスがあればフリーで仕事を取ることも可能です。工務店などと提携してフリーランスを続ける人もいます。

 

 試験は1次試験と2次試験があり、1次試験はインテリア商品と販売の基礎知識、インテリア計画と技術の基礎知識の2分野になります。広範囲に問題が出題されるため試験勉強に必要な勉強時間は、未経験者の場合6ヶ月以上は必要だと言われています。

 

 2012年度の合格率は26.1%でした。試験日は1次試験が10月の第二日曜日、2次試験は12月の第二日曜日になります。試験会場は、札幌・盛岡・仙台・高崎・東京・名古屋・金沢・大阪・広島・高松・福岡・宮崎・沖縄の13か所になります。

 

 業界未経験者でもしっかり勉強すれば合格も可能ですが、まったくの初心者であれば通信講座などを利用したほうが効率的です。



 
トップページ 40代の転職5ステップ オススメ転職サイト