40代の転職に役立つ、人気のIT資格「PHOTOSHOPクリエイター」


 IT系業界への転職を目指している方の多くは、目指す分野に合わせて資格を取得する事が、転職を成功させる為の近道となります。Adobe PhotoshopRの操作による画像ファイルの作成に関する知識を認定する為のPHOTOSHOPクリエイター能力認定試験も、IT業界への転職を考えている方に人気の資格の一つとなっています。

 

 晴れてPHOTOSHOPクリエイター認定試験に合格すると、Adobe Photoshopという画像編集ソフトの操作能力や技術・知識を有していると認定される為、認定試験に合格した後は、デザイン業界への転職やWeb制作会社等のIT系企業への転職にも役立ちます。また、テレビ局や映画会社、デザイン事務所等の職種への週h速にも役立つ資格となっています。

 

 このPHOTOSHOPクリエイター認定試験には、1級、2級、3級の3種類のレベルに分かれており、未経験でPHOTOSHOPクリエイターの資格を活かす場合は、2級以上の取得が必要となるでしょう。受験資格はありませんので、40代の方でも受験する事が可能です。WEBデザイナーや制作等の業界への転職を考えている40代の方は、実務経験があるのであれば3級から、実務経験が無い方では2級以上を取得しておけば、面接の際のアピール材料として役立つ資格です。

 

 合格率は約50%と割と高い水準での合格率を誇っているので、きちんと事前に勉強しておけば、合格は難しく無い資格だと言えます。試験対策は、通信講座を受験したり、独学で勉強したりと様々です。まずは、認定試験の試験内容を確認してから、自分のやりやすい方法で準備をしていきましょう。



 
トップページ 40代の転職5ステップ オススメ転職サイト