情報化社会の健全化を維持する為の情報セキュリティスペシャリスト

情報化社会の健全化を維持する為の情報セキュリティスペシャリスト

 40代の転職成功に向けて有利な資格を幾つか当ってみると、やはりIT関連の専門技術を必要とするスペシャリストは企業からも注目される存在である傾向が見られます。

 

 情報化社会が複雑化していく中では、民間企業も官公庁もそういった高い知識を備えた人材を必要としているのは言うまでもありません。

 

 中でも評価が高く一目置かれている資格としては情報セキュリティスペシャリスト試験という経済産業省管轄の国家試験が挙げられます。こちらの資格は、かなり難易度は高めですが、資格保持者に対する企業からのニーズはその分多く見込める資格と考えられます。

 

 

情報セキュリティスペシャリストとは?

 情報セキュリティスペシャリストの果たす役割を簡単に説明すると、ITに関する総合的な知識を備えた上で、日常業務に支障をきたさぬように不正アクセスの監視や、情報漏えいの防止対策や、万が一のトラブルや外部からの攻撃に対する対処などを担います。

 

 

 情報セキュリティスペシャリストの受験に対する年齢制限や実務経験や他の資格保持などの条件は無く、どなたでもチャレンジが可能ですが難易度は高く、実際にIT関連企業での実務経験を持つ40代の方などには特に狙い易い資格と見られます。

 

 

 

試験概要

 試験は4月と10月の年に二回で受験料は5,100円、全国各地で実施されます。受験に関する詳しい情報は独立行政法人情報処理推進機構のHPからご覧になれます。

 

 


難易度は高いとは言え、情報セキュリティスペシャリストの試験が年に二回開催されるのは、40代の受験者にとって仕事や勉強や試験日のスケジュール調整もしやすいので、計画的なチャレンジで高度なスキルを身に付けるのがオススメです。



 
トップページ 40代の転職5ステップ オススメ転職サイト