40代の転職希望者が使っている求人情報媒体について

転職サイトは「選ぶ」ことが大事です

 

 転職総合サイトはいくつもありますが、自分が応募したいと思える求人が載っているサイトを「選ぶ」ことがポイントです。自分に不向きなサイトに登録をして何千文字もレジュメを更新しても、オファーメールはきません。

 

 年代や志望職種、業界によって強い(弱い)転職サイトがありますから、自分が使いやすいサイトを選んで複数登録しましょう。

 

「人材銀行」は40代にとって高待遇求人の宝庫!

 

 全国6か所しかありませんが、「人材銀行」は40歳以上の転職希望者にとっては、高い年収・専門的な仕事を紹介してくれる公的機関です。

 

 マネジメントや専門職の実務経験がある層のみの人材紹介機関ですが、求職者側は利用料は無料です。ネット情報だけに頼るのではなく、自分の足で出かけていくのもよいでしょう。

 

SNSは諸刃の刃?!

 

 ひと昔前は、「SNSをフル活用した転職活動がそのうち転職活動の主流になる」という指摘もあったほどなのですが最近ではなりを潜めています。SNSにおいては皆、プライベートやプライバシーを晒し過ぎて、それが転職における採用にはあまり望ましくないのです。

 

 

 

【関連記事】

  1. ジョブホッパーにならないための心得とは?!
  2. 最初に転職エージェントに登録しよう!


 
トップページ 40代の転職5ステップ オススメ転職サイト