40代の転職希望者なら履歴書の志望動機欄で差をつけよう

意外に難しい「志望動機欄」をしっかり書くコツとは・・・?!

 

 能力はあっても「志望動機欄」を適当に書いて出してしまうといつまでたっても採用されません。しかし40代くらいのビジネスパーソンにとってわりと難しいのか?2〜3行おざなりに書いて出してある履歴書が多いのです。

 

志望動機を書くのに必要な4つのポイント

 

 @業界を志望する理由、A会社を志望する理由、B職種を志望する理由、C自分ができること・・・この4点を明らかにするのが「志望動機欄」の役割です。

 

 業界内に同業他社はたくさんあるのになぜこの会社なのか?やったことがないのになぜこの職種に関心を持ったのか?・・・採用担当が聞きたいことはたくさんあるのです。企業研究を欠かさないことが大事でしょう。

 

40代ならではの難しさとは?!

 

 業界も職種も同じところへ転職を希望する場合、これまでの実務経験がそのまま次の職場へ行っても活かせる反面、転職したいと考える理由をうまく説明しにくい点はあるでしょう。その場合は、なぜこの会社でなければいけないのか?!に重点を置いて、説明すれば採用担当は理解してくれるでしょう。

 

 

【関連記事】

  1. 履歴書と職務経歴書の違いについて知っておこう
  2. 知っておくべき履歴書作成のマナーについて


 
トップページ 40代の転職5ステップ オススメ転職サイト