履歴書と職務経歴書の違いについて知っておこう

40代の転職希望者なら最も重要視されるのは「職務経歴書」

 

 応募書類(WEBレジュメ含む)の中で採用担当が最も重要視するのは、40代の求職者なら「職務経歴書」です。企業が作成したエントリー用シートとか、自己PR文、とか志望動機書といろいろ書類がある中で採用に最も大きな影響力を与える書類になります。

 

 20代とは異なり、40代以上になると「即戦力」を期待して「キャリア」を買われるからです。

 

履歴書と職務経歴書の違いについて

 

 「履歴書」とは求職者のヒューマンスキルやその人となりを見るものです。40代なら完璧に書けていて当たり前の書類です。

 

 「職務経歴書」とは、即戦力を期待する企業が、求職者のキャリア・スキルを見るものです。採用に当たっては一番ウェイトが大きな書類になります。

 

転職エージェントで応募書類の添削を受けよう

 

 40代の求職者が一人で訴求力のある応募書類を仕上げるのは並大抵のことではありません。インターネット上には書き方のマニュアルが溢れていますが必要なのは添削ですよね。

 

 転職エージェントに登録することで転職希望者は応募書類の添削を通して、自分の自己アピールの方法を学ぶことが可能です。

 

 

【関連記事】

  1. 40代の転職希望者なら履歴書の志望動機欄で差をつけよう
  2. 知っておくべき履歴書作成のマナーについて


 
トップページ 40代の転職5ステップ オススメ転職サイト