面接に求められるマナーって?!

 人間の好みや相性は人それぞれなので、能力だけで採用・不採用が決定するわけではなく、何か別の要素がキーになって採用されることもあります。どんな採用担当を相手にしても必ず求められる面接のマナーだけは確認しておくべきでしょう。

 

きちんとした印象を与える清潔感のある服装

 

 接客や営業はもちろん工場勤務の場合であっても「清潔感」が無い人は嫌われます。男女とも黒のスーツ姿が無難です。

 

ヘアスタイルは面接にふさわしいか?!

 

 どうしても採用されたい面接なら黒に戻したほうがよいでしょう。採用担当は中高年なので、ヘアカラーには理解がないと考えましょう。

 

靴がぴっかぴかに磨かれていること

 

 靴が汚いとかみっともないと落とされる原因になりますので要注意。入社すると結構靴を脱いで上がるような機械が多いので、靴が注目される・・・という職種もあります。

 

男性なら髭の剃り残しに要注意!

 

 髭の剃り残しがのどのあたりに1本でも残っていると、仕事も本人もだらしのない人だという印象を与えがちです。

 

加齢臭や口臭

 

 気になると他人から指摘される人は対策を考えましょう。口臭の場合は歯医者に行くとよいでしょう。

 

 

【関連記事】

  1. 面接対策をしっかりやろう!
  2. 面接でやってしまいがちな失敗例


 
トップページ 40代の転職5ステップ オススメ転職サイト