40代の転職者だからこそ求められる入社直後の注意点

仕事のプロセスを確認・把握

 

 40代くらいになると、これまでの仕事のやり方が身体や脳に染み付いていることでしょう。それを変えるのはなかなか至難の業ですが、転職したら、その必要に迫られるかもしれません。

 

 入社後は、その会社の仕事のプロセスを確認してください。作業の進め方、結果の出し方、他の従業員との連携の仕方など、会社によってやり方は変わり、会社によってそのプロセスは確立されているものでもあります。

 

 それを無視してはいけません。確認し、把握し、そして受け入れる。これが新しい会社の一員となるための第一歩。決して、オリジナルのやり方を貫き通すことだけはしないように注意してください。

 

即戦力としての期待を背負う

 

 40代の人材を受け入れるということは、企業としては即戦力として見なしているはずです。その期待に応えられるかどうかで、今後の立ち位置や評価、待遇等も変わってくるのかもしれません。

 

 期待に応える前に、その即戦力としての期待を背負ってしまいましょう。ここから逃げてはいけません。もしかしたらとても重いものかもしれませんが、社会人はそうした期待やプレッシャーが重ければ重いほど、その環境に感謝すべき。

 

 入社後に期待を背負うことを積極的に選べるかどうかで、今後の人生も必ず変わってきます。会社が期待する意味や意図、自分の役割も把握した上で、その期待に応えるような努力を積み上げていきましょう。

 

判断を間違えないこと

 

 転職者が入社後最もやってはいけないのが、判断ミス。注意点として頭に入れておくべきことではありますが、結構この判断ミスをしてしまう人も多いようなので、慎重に動くことを意識しておきましょう。

 

 仕事の判断ミスはもちろんですが、人間関係においても判断のミスは危険。社員との接し方を間違えたり、指摘が悪口になってしまったりなどの判断ミスがあったら大変です。まず、新参者のあなたが矢面に立たされる立場となってしまうでしょう。

 

 何かを判断・決断する前によく考え、それが本当に適切かどうか注意深く検討する。入社後の注意点として無視できないこととなりそうです。

 

 

【関連記事】

  1. 円満退職をするためのポイント
  2. 入社のチェックポイントとは?!
  3. 長く安定して働き続けるために
  4. もう引き返せない?!転職先が自分に向いていないと思うならどうする?!
  5. 40代の転職と勤務先の慰留対策
  6. 企業側からの視点と労働者側からの視点によって、試用期間の本質を知ろう!
  7. 退職する時の有給消化は認められる?


 
トップページ 40代の転職5ステップ オススメ転職サイト