円満退職をするためのポイント

転職活動は秘密で進めるべき

 

在職中から転職活動をする40代の場合は特に、転職しようと思っていることを職場の関係者に一切知られないようにすることが重要です。勤務先のパソコンから転職エージェントとメールのやりとりをしたりしないように気をつけましょう。サーバに残っているデータの内容を特定部署で読んでいる会社もあります。職場のパソコンは絶対に転職活動には利用しないようにしましょう。内定通知がきたら、直属の上司にのみ意思表示をします。会社側がきちんと退職を受理するまでは、職場には一切知られないようにするのが円満退職のマナーです。

 

・「引き継ぎ作業」もしっかり
自分がこれまでお世話になった職場に迷惑をかけてはいけませんから、引き継ぎ作業もしっかり済ませたいところです。後任に連絡する必要のあることはデータとしてデスクトップに保存しておきます。引き継ぎもせず逃げるように退職すると、離職票をすぐに発行してもらえなかったりします。転職エージェントから紹介された転職先なら円満退職も楽々!完了です。内定通知がきてから、給与面などの交渉も転職エージェントが代行しますので、転職者は円満退職に集中できます。

 

 

【関連記事】

  1. 入社のチェックポイントとは?!
  2. 長く安定して働き続けるために
  3. もう引き返せない?!転職先が自分に向いていないと思うならどうする?!
  4. 40代の転職と勤務先の慰留対策
  5. 企業側からの視点と労働者側からの視点によって、試用期間の本質を知ろう!
  6. 退職する時の有給消化は認められる?
  7. 40代の転職者だからこそ求められる入社直後の注意点


 
トップページ 40代の転職5ステップ オススメ転職サイト