長く安定して働き続けるために

 40代で転職して、これまで何のトラブルもなかった人でも、想像以上に新しい環境に順応するのが大変で、ストレスを発散できなくて体調を崩すような事例もあります。長く安定して働くためにいろいろ注意したい点を確認しましょう。

 

給料は「我慢料」であるとストレスを割り切ろう。

 

 40代の自分を雇用してくれた会社に感謝しましょう。飲み会は積極的に参加をして一人でも多くの人と語りましょう。アフターファイブのお付き合いも長く会社で働くためには“必須”です。

 

会社の中で孤立しないように気をつけましょう。

 社内の主流派に嫌われないようにするのがコツです。また、なるべく目立たないように必死で働きましょう。

 

目上とか立場が上の人の前ではなるべく発言をしないようにしましょう。

 

 偉い人の前では極力「口を開かない」ようにすると無難です。

 

前職の話は極力しないようにしましょう。

 

 質問されても前職の話は一切しないyほうがよいです。

 

・指示された仕事は喜んで取り組みましょう。
・自分から積極的に挨拶をしましょう。
・上司や経営方針について口にしない。
・会社の外になんでも相談できる人を探そう。
・早く出勤して、遅く退社しましょう。

 

 

 

【関連記事】

  1. 円満退職をするためのポイント
  2. 入社のチェックポイントとは?!
  3. もう引き返せない?!転職先が自分に向いていないと思うならどうする?!
  4. 40代の転職と勤務先の慰留対策
  5. 企業側からの視点と労働者側からの視点によって、試用期間の本質を知ろう!
  6. 退職する時の有給消化は認められる?
  7. 40代の転職者だからこそ求められる入社直後の注意点


 
トップページ 40代の転職5ステップ オススメ転職サイト