40代の転職と勤務先の慰留対策

退職の理由に勤務先の問題点を入れない

 

 40代の転職は、それまでのキャリアやノウハウが活かした職場を探すひとがほとんどでしょう。そのため、これまでと同じ業界や職種での転職になるケースが多いです。

 

 その場合、同業他社への転職に警戒を強める企業があることは、想像に難くありません。だからこそ、退職を申し出るときには、自分に隙をつくらないことが大事です。

 

 まず、直属の上司に退職を申し出る際、その理由を勤務先の不平不満にしてはいけません。給与など勤務条件や配属部署、仕事内容、職場の人間関係などを理由にあげると、会社側がそれを改善することで、慰留しやすくなります。

 

 ですが、自分の希望を通すことで、社内には軋轢を残すことになりますし、会社は一度退職を申し出た社員のことを、決して忘れはしません。あくまでも自分のキャリアや家庭の状況など、個人的な理由で退職する旨を伝え、会社側が退職を認めざるを得ない状況をつくりましょう。

 

退職スケジュールをしっかりプランニングする

 

 40代が転職のために退社する際には、勤務先に与える影響が最小限になるように、きちんとスケジューリングすることが不可欠です。まず、手掛けている仕事がすべて完了する時期であること、会社の繁忙期を避けることが基本です。

 

 さらに、後任人事が社内で実現できるのか、採用活動が必要なのか、引き継ぎ期間にどの程度必要か、有給休暇を消化するか否かなどで、退職までに必要な期間が変わります。

 

 転職先が決まっていれば、一日も早く退職したいはずですが、将来の仕事に禍根を残さないためにも、円満退職できるスケジュールを組むことが重要です。会社側と誠意をもって話し合えるように、自分が折り合う余地を残しておきましょう。

 

 

【関連記事】

  1. 円満退職をするためのポイント
  2. 入社のチェックポイントとは?!
  3. 長く安定して働き続けるために
  4. もう引き返せない?!転職先が自分に向いていないと思うならどうする?!
  5. 企業側からの視点と労働者側からの視点によって、試用期間の本質を知ろう!
  6. 退職する時の有給消化は認められる?
  7. 40代の転職者だからこそ求められる入社直後の注意点


 
トップページ 40代の転職5ステップ オススメ転職サイト