40代の転職5ステップ

 「転職の極意」、「転職のノウハウ」などといった形で表現され、ポイントを紹介されることが多い転職活動。それをできるだけシンプルにまとめあげたのが以下の流れです。これが全て、とは言いませんが、流れの全ては網羅しています。欠かせないことばかりですから、転職活動に活かしてみてください。

 

 

転職は準備で決まる

 転職の流れを決めるのが「準備」であることは言うまでもありません。目指すところをハッキリとさせておけば、それが灯台の役割をしてくれます。給与、キャリアアップ、やりがい、働き易さ、新たな職種への挑戦など、あなたの目指すべきところを定める。これが転職の準備となります。

 

【参考記事】

  1. 40代で転職するなら計画を立てよう!
  2. 転職希望者が後で後悔しないための“企業研究”
  3. 知っておきたい転職に必要な期間とは?!

 

 

求人情報を集めよう

 目指すところがハッキリすれば、自ずと目につく求人も保存しておくべき求人もハッキリとしてくるはず。条件を選択して検索する際にもそれがし易くなるでしょう。転職の準備が整ったのであれば、検索機能や保存機能が充実した転職サイトを利用し、求人情報を集めてみましょう。

 

【参考記事】

  1. ジョブホッパーにならないための心得とは?!
  2. 40代の転職希望者が使っている求人情報媒体について
  3. 最初に転職エージェントに登録しよう!

 

 

応募書類の書き方

 そうした転職サイトの多くには、応募書類の書き方も記載されていることが多い。ただ、サイトによって若干の違いがあるので、見比べた上で自分に合った書き方を選び、更に、「使える!」と思った書き方を加えて、最高の履歴書・職務経歴書を作成すること。そうすれば、面接まで辿り着くことは必至でしょう。

 

【参考記事】

  1. 40代の転職希望者なら履歴書の志望動機欄で差をつけよう
  2. 履歴書と職務経歴書の違いについて知っておこう
  3. 知っておくべき履歴書作成のマナーについて

 

 

面接対策をしよう

 面接官の気持ちになったことはありますか?あなたがもし採用・不採用を決定できる立場であったら、何を重視し、面接の時にどこに着目するでしょうか。面接対策をここから入るのもいいでしょう。受ける側にいるだけでは見えてこない重要なポイントが見つかるはずです。

 

【参考記事】

  1. 面接に求められるマナーって?!
  2. 面接対策をしっかりやろう!
  3. 面接でやってしまいがちな失敗例

 

 

退職ノウハウと入社準備

 転職活動には数ヶ月かかるケースも少なくありませんが、退職準備にもそれと同じくらいかかってしまう場合があります。退職準備は慌ててするものではなく、それが整わないまま入社日が決まってしまうと入社準備にも影響が出てしまい、ドタバタしてしまうでしょう。「退職のノウハウ」、これも事前に知っておいて損はありません。

 

 

【参考記事】

  1. 円満退職をするためのポイント
  2. 入社のチェックポイントとは?!
  3. 長く安定して働き続けるために
  4. もう引き返せない?!転職先が自分に向いていないと思うならどうする?!
  5. 40代の転職と勤務先の慰留対策
  6. 企業側からの視点と労働者側からの視点によって、試用期間の本質を知ろう!
  7. 退職する時の有給消化は認められる?
  8. 40代の転職者だからこそ求められる入社直後の注意点


 
トップページ 40代の転職5ステップ オススメ転職サイト